塚田ひさこ(豊島区議会議員)

2年目の議員活動がはじまります。(2020・5・11)

 2019年4月21日の地方統一選挙において豊島区議会に送っていただいてから、1年が過ぎました。様々なことがありましたが、2020年4月からは、無所属議員として活動を始め(「無所属市民の会」)、5月1日より「無所属の会」に合流をし、現在は4人の無所属議員と会派を組み、副幹事長にも拝命されました。そのような環境の変化もあり、2年目の今年は新たに「リ・スタート」の気持ちで議員活動に臨んで参りますが、これまでとスタンスも「憲法が大事」との思いも、変わらずに同じです。

 私たちは今、世界中がコロナ禍の只中におり、まだまだ先の見えない不安な状態が続いております。そんな中、足元の一番身近な政治である「地方自治」への関心が急激に高まってきているのではないか、とも感じています。それは希望の一つでもあります。

 数年前より日本の政治は、大きな数を持つ政党の独壇場となり、小さな声が届かなくなり、多様性もどんどん失われていき、硬直化が進んでいると感じていました。ヨーロッパの動きなどを見ていると、政治というのは本来は、「私たちの平和なくらしや自由で豊かな生活のために、政治がある」べきだし、主権者である市民が積極的に参画し、新しい政治を作っていくことの必要性をこれまでも訴えてきました。

 「地域からボトムアップで草の根で、平和で自由な社会に変えていきたい。誰かの言いなりになる社会、窮屈で不自由で不寛容な社会と決別するために、私たちの政治をつくっていきたい。」
  その思いは現在も変わりません。コロナ危機を乗り越えたところに、新しい社会や政治が現れる、その変化の一端になれれば…。みなさんとつながって一緒に未来の芽を作っていきたいと考えています。

 そのための仕掛けづくりを考え、勉強会なども積極的に展開していきたいと思っています。興味のある方は、ぜひご一緒に! 共に考えていきましょう。

*現在新しいwebサイトを準備中です。

2020年5月11日
塚田ひさこ

地域のこと、生活のこと、区政のこと、議会のこと、
みなさんのご意見や質問など、どうぞお寄せください。

メール:tsukada@toshima.site
ファックス:03-3980-5174
電話:03-4566-2973

プロフィール

1962年香川県高松市生まれ。香川県立高松高校、成城大学文芸学部卒業後、1986年〜サントリー(株)勤務を経て、企画制作会社にて編集、企画広報など従事。2005年〜憲法と社会問題を考えるウェブマガジン「マガジン9」に参画。2019豊島区議会議員初当選。
連載中!『チャコの区議会物語』

塚田ひさこ